ドイツでの生活について

ドイツのグローバル企業で奮闘するひとのブログ。海外就職のコツ、海外求人の探し方、海外(ドイツ)生活の模様を執筆。

ご冗談でしょう、ドイツよ(2)

f:id:Deutschexkoln:20161219030148j:plain

ケルン市内に住みながら、デュッセルドルフ市内へ毎日片道1時間の通勤。中央駅でローカル電車のトラムに乗り換えている。日本でもあるあるの通勤条件だが、日本と比べると体力的に疲れるのは理由がある。

  1. インターネット弱い
  2. 電車の不安定性
  3. 椅子が狭い
  4. 頻繁な電車遅延

端的に言うと、「ドイツ鉄道、マジか…」である。もしくは、「JR、ありがとう」なのかもしれない。

1.インターネット弱い

まずはドイツは全体的に携帯インターネットの接続スピードが遅く、そして利用料金は高い。国土の広さと人口の少なさが原因だろうか。ドイツの人口密度は北海道と同等と聞いたことがある。確かに、「都市」圏内を抜ければそこは既に小麦畑が永遠と広がる田舎ゆえん、電波が立つはずもない。1記事ダウンロードに多少イラッとするレベルの時間はかかる。勿論、地下に入れば電波はつながらない。もはや電車通勤の時間は、スマホから少し離れて、瞑想する時間と化す。

2.電車の不安定性

隣国オランダに行くとわかるのだが、電車のつくり自体が雑というか、スピードを出すのも遅いし、ブレーキ音はがなり立って、とにかくよく揺れるのである。オランダの快速電車はすごく静かで、日本の新幹線にも似た快適さがあるのだが、なんでこうも違うかな、と若干謎である。ただしこれはIC、ICEなど特急料金を払って乗れるワンランク上の種類の電車に変えるだけで大きく改善される。追加料金のない快速で通勤する一般ピーポーが日々乗る電車も、早いところ新装されればいいのだけれども。

3.椅子が狭い

f:id:Deutschexkoln:20161218235959j:plain体のサイズは日本人より大柄な欧米人の国において、椅子のサイズ、特に足のスペースが日本より狭いというのが、どうにも理解できない。これは高速バス等公共の交通機関にはおしなべて言えることだが、なぜこのような設計にしたのだろうかと毎回不思議だ。特に4人がけスペースは膝が前の人にくっつくすれすれの設計で、家族や友人同士ならいいのだろうが、毎朝の満員の通勤時に見知らぬ他人と膝を合わせるなど、なんだかな~と思ってしまう。窓際にゴミ箱が付いているはいいのだが、下手に開けるともちろん窓際の人の膝に当たるし、大体そのゴミ箱もみんなの朝食のバナナの皮やコーヒーカップが溢れているのが常で、ああ~となる。

4.頻繁な電車遅延

これはまあ、日本以外の国は大体こういうものだと思うけれども、それにしても、30分遅延は週に1回、夏の旅行シーズンや雪の日になれば週に2~3回は当たり前。ドイツなのに雪にも弱いの!?ってかんじだが、残念ながら弱いのである。勿論、待っていれば電車は来るが、時間通りに来ない。たとえば30分遅延だから駅ナカで買い物でもしている間に、27分後に電車が来ていて、肝心の30分後には電車は過ぎ去っているということはよくある。そんなことがあっても日本のようにアナウンスがバンバン流れるはずもなく、気づいたときには時既に遅し。山手線のように3分おきに電車が来るはずもなく、また20分、寒空の中でカフェ片手に次の電車を待つのだ。

 

そういうことで、ドイツ鉄道には色々としてやられているが、余計な期待をしないことで自己責任で時間は管理し、何があっても温厚に過ごすというのが、うまく付き合う鍵である。ドイツ鉄道を恨めしく思って車で通勤している人も多いが、渋滞と駐車場事情が酷いので通勤総時間は変わらない。東京の通勤地獄とはまた違った苦しさがドイツにもあり、そういうことで、みな田舎町でも会社のある街に住む人は多い。東京を離れてもパリやロンドンでは同じような人間鮨詰め地下鉄が運行されていることを考えると、もしかするとドイツはまだましかも知れない。